2008年09月12日

ネアンデルタール人の脳、成長速度ヒト級 東大など解明

現代のヒト(ホモ・サピエンス)に最も近い人類で約3万年前に絶滅したネアンデルタール人は、新生児から大人になるまでの脳の成長スピードがヒトとほぼ同じだった。東京大とスイスのチューリヒ大などが、化石をもとにコンピューターで骨格を復元してわかった。米科学アカデミー紀要(電子版)に発表された。

 研究チームは、90年代にロシアやシリアで見つかったネアンデルタール人の子どもの化石3体をもとに、脳の大きさを推定、生後2年で成人の70%程度の脳の大きさに急成長すると結論づけた。ネアンデルタール人は十数万年前に出現し、主に欧州で暮らしていた。ヒトと共存していた時期もあるが、片方だけが絶滅した理由はわかっていない。

 研究チームの近藤修・東京大准教授(人類学)は「脳の成長パターンが同じなのに一方が滅びたのは、学習能力や学んだことを次世代に伝える言語能力などに差があったのかもしれない」と話している。(鈴木彩子)

http://www.asahi.com/science/update/0910/TKY200809100041.html

ネアンデルタール人が進化してヒトになったんじゃないんですね!

私はてっきりそうだと思ってました。でもなぜネアンデルタール人

だけ滅びたんでしょう?



でもUFO関係で読んだ本でこういうのがありました。

北京原人とかいますけど、太古のヒトの祖先とかいわれているのは

猿に近いのですがある時期を境に(何万年前かよくわかりませんが)

急激に脳が発達したのだそうです。



今まで猿みたいな原人が急にヒトに近い脳になるのは不自然だと

いうのです。これは知性の高い宇宙人との交配で新しい子孫ができた

のではないかというのです。


本当かどうかはわかりませんが大変面白い話です。

宇宙やUFOに関する本を読んでるとこういう話が一杯でてきます。


また暇を見つけて読もうかと思います。


犬のしつけ流情報販売セミナー 犬のしつけで月2641万円稼いだ方法をお教えします

2カップアップ!メスを使わない超Naturalバストアップ豊胸術Spacial

日本一の恋愛書籍ベストセラー作家!女性自身元編集長!講演数2,057本!出版冊数150冊!櫻井秀勲モテモテ男塾「98%の男性が知らない女性の秘密を利用して口説く方法」

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


posted by かま at 05:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。