2008年09月08日

根強い偏見、都市と農村格差…中国の障害者事情 パラリンピック開幕

9月7日20時16分配信 産経新聞


 【北京=川越一】障害者スポーツの祭典、パラリンピック北京大会の競技が7日、始まった。障害を持つ選手や観客を迎えるために、北京市ではバリアフリー化が進められたが、障害者に対する偏見は根強く、都市部と農村部との“格差”を指摘する声もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080907-00000933-san-int

私も2年前に結婚したときに中国へ行ってきました。深せんと上海へ

いってきましたが、そのときに感じたのは建物とかは日本とそんなに

変わらないですけど人を見てるとわかります。


やはり3,40年くらいは遅れています。この障害者をとりまく環境とか

まだまだだと思います。


中国はまだ発展途上の国、これからまだやることは一杯あります。

他国のいいところをどんどん吸収していい国になってもらいたいです。










posted by かま at 05:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106183957
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。