2008年09月07日

男性の“離婚遺伝子”発見、「破たん」か「危機」が2倍

【ワシントン=増満浩志】男性の結婚生活の成否に影響を与える遺伝子が、スウェーデン・カロリンスカ研究所などの研究で見つかった。

 この遺伝子には様々な型があり、うち1種類を持つ男性は、結婚が危機にひんした経験のある人が多かった。この成果は、近く米科学アカデミー紀要に発表される。

 この遺伝子「AVPR1A」は、バソプレッシンというホルモンを脳内で受け止める物質をつくる。

 スウェーデンで成人約2000人について調べた結果、この遺伝子が「334」という型の男性は、妻に不満を持たれている割合が高く、過去1年間に離婚など結婚生活が破たんしたか、その恐れのあった人の割合が、他の型の男性の2倍以上だった。女性は遺伝子型の影響がみられなかった。

(2008年9月2日14時26分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080902-OYT1T00527.htm

やっぱ遺伝だからそういう遺伝子とういのはあるんでしょうね!

つまり父が妻に不満を持っていたら、その子も自分の奥さんに

不満を持つようになるんでしょうね!


病気とかそれだけじゃなく精神的にも受け継がれるんでしょうね!


私の子はどういう子になるんでしょう・・・?

【腹割BODYデザイン法】

クソ社会に対する怒りと絶望の果てからわずか4カ月で損失を取り返し月収500万円を達成中!そんな元不幸なサラリーマンが現在月収500万円の忙しいサラリーマン向けの年400%の驚異的なシステムトレード!

2カップアップ!メスを使わない超Naturalバストアップ豊胸術Spacial






posted by かま at 06:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106135096
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。