2008年09月05日

ギョーザ事件、1000人から聴取=徹底捜査、容疑者特定難航も−中国公安

【北京3日時事】中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国公安当局がこれまでに、製造元の「天洋食品」(河北省)の従業員や臨時工をはじめ、製造、輸送、販売などにかかわったあらゆる関係者ら延べ約1000人から広範囲にわたり事情聴取したことが3日分かった。複数の中国筋が明らかにした。
 公安当局は、中国国内で有機リン系殺虫剤メタミドホスが混入された内部犯行の疑いが強いとみて調べているが、容疑者特定に向けた捜査は難航している。
 中国筋は「慌てる必要はないが、容疑者を見つけ出さないと両国国民が納得しない」と述べ、徹底した捜査を継続する方針を示した。一方で「容疑者を特定できなかった際に備え、日本側に懸命の捜査をアピールする狙いもある」(日中関係筋)との見方も浮上している。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080903-00000177-jij-int

ついに本格的に捜査が開始されたみたいですね!

オリンピックも終わって一段落したので、すっきり事件を解明して

もらいたいです。


まあこれで日本の自作自演なんてことはいってこないでしょう!







posted by かま at 05:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。