2012年10月16日

COBOL 基板設計は無駄だったか?

昨日も派遣会社の面接で新宿に行ってきました。

先週も登録で有楽町のほうへ行ってきましたが、私の経歴のところで

同じことを言われました。

私は大学卒業後IT関係の仕事をしてましたが、そこでCOBOLを

使ってました。2年弱でやめましたが、「その理由はなんですか?」

と聞かれたので「COBOLが面白くないから」と率直に答えました。

すると面接官曰く

「COBOLは今需要がないですからね・・、先見の目があったかもしれませんね!」

でもまあ実際COBOLの仕事なんてほとんどないし、はたしてやめたのが正解だったのか・・・

でも今まで基板設計の仕事を20年以上やってきましたが、この仕事もほとんど

ありません!

そうなると私は行くところがありません!

一応昨日の話では1社提案するとのことでしたが、期待できません!

やはり自分で道を切り開いていくしかないですかね・・・

昨日facebookで面白い記事を見ました。

※『私はこうして300億円企業を5年で創った』を限定プレゼント中!

http://l.affi-lab.biz/1oc.html



posted by かま at 05:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。